日々修行、無能な僕にはそれしか生きる路は無いのだから


by orenzit
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

マスコミは……

サイレントマジョリティという言葉は大嫌い。
黙ってないで発言しろよと言いたい。
だが、それが、マスコミによって意図的に作りだされた
サイレントマジョリティだとしたら……。
あえて都合の悪い事を報道しない事は、ねつ造と同じあるいはそれ以上に悪いこと。

今の沖縄基地問題のマスコミ報道に、その片鱗を見た気がする。

以下記事抜粋

沖縄県知事、県民大会に出席 知事選にらみ苦渋の選択
4月26日7時56分配信 産経新聞

 ■「青いかりゆし」で態度保留

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題で、25日に開かれた県民大会は、仲井真弘多(ひろかず)知事が参加したことで、主催者側は「県民の心が一つになった」と気勢を上げた。知事は「県内移設反対」を明言しなかったが、参加した県民の一部からは、大会の過熱ぶりが全国に誤ったメッセージを送り、同飛行場の移設はおろか、日米両政府間で約束された嘉手納以南の基地返還構想も頓挫(とんざ)するのでは…と懸念する声も出た。

 この日、主催者の要請で大会参加者は黄色いものを身につけた。県内移設に反対する者にとって黄色は特別の意味を持つ。3月25日、高嶺善伸沖縄県議会議長が黄色の「かりゆし」姿で北沢俊美防衛相との会談に臨み、「サッカーにはイエローカードというのがある。県民の思いを込めて黄色いかりゆしにしました」と政府への抗議の意思を表明した。黄色は政府への反感を象徴する色なのだ。

 ところが、仲井真知事は青いかりゆしで登場した。関係者によると、会場入りするまで黄色のかりゆしを着用していたが、直前に着替えたのだという。仲井真知事には「県内移設反対」を強く訴える意図がなかったことになる。

 仲井真知事はこれまで、普天間飛行場の危険除去と米軍基地縮小を実現するには、まず、周辺住民が受け入れ姿勢をみせる米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)への移設を果たさなければならないとの立場を貫いてきた。だが、県外・国外移設に固執する鳩山政権や米軍基地反対運動を展開する地元メディアなどに背中を押される形で、“身内”の自民党県連が県内移設容認から県外移設要求へと転換。県議会も県外移設の意見書を可決し、知事は孤立していった。

 苦悩する知事に対して自民党県連だけでなく、県議会からも圧力とも受け取れる県民大会への参加要請が相次いだ。背景には、今秋に予定される知事選がある。県連関係者は「知事が不参加だと、県内移設反対の世論に逆行し、知事選は戦えないという思いがあった」と明かす。

 反米イデオロギー闘争を展開する基地反対グループのアプローチも執拗(しつよう)だった。反対派は、知事の参加を、県外移設を求める「県民の総意」の象徴として全国に発信しようと画策した。メディアも「県民の方を向いていない」などと参加を促す報道を徹底し、知事を追いつめていったようだ。

 関係者によると、知事は自らが参加すれば普天間飛行場の唯一の受け入れ先とみるキャンプ・シュワブ沿岸部案が白紙となり、同飛行場が固定化されると危惧していた。また、同沿岸部案受け入れの代償に、北部振興策など1700億円以上の支援を受けてきたにもかかわらず、反故(ほご)にすることは信義にもとるという思いがあった。

 県民大会に参加した60歳代の男性は、「ほとんどの人が移設後に返還があることを忘れていることに気づいた。知事はそれがわかっていると感じた」と話した。50代の男性も「今のムードだと普天間は固定化されてしまう。知事はそれを避けるために参加したのだと思う」と語った。

 知事は大会後、記者団に「いろんな方がいろんな考えを持っており、単純に表題通りではない」と述べた。県内移設に含みを残した発言で、反対を唱える市民グループ主導の“暴走”を牽制(けんせい)する思惑も見え隠れする。

 なお、主催者は大会参加者を9万人と発表したが、情報関係者は「実際には3万人前後だったようだ」と語った。(宮本雅史)


沖縄のマスコミはアホだ。
野放しにしていたら、とんでもない事になるそう感じる記事。
テレビも、大会に参加したプロ市民のような輩の言葉がまるで沖縄の総意かのように
報道する。
だけど、正直米軍がいるから経済が成り立つ処もあるはずだ。


沖縄の実情を知らない我々にとっては、一体何が本当なのか全くわからない。
本当に正しい情報が我々に届いているのだろうか。

このままでは将来に渡り1000年の遺恨を残す事になるだろうな、沖縄基地問題は。
お花畑の社〇党に踊らされ、最悪のシナリオを選択した現政府は本当に一体どう責任とるつもりなのか。
[PR]
by orenzit | 2010-04-26 09:24
JC話になりますが、
昨日、なんとか担当例会である4月例会がクラシティで行われ
無事、終了しました。
84%の出席率。
なにはともあれ、志を持った若者があれだけ集まってくれたことは
本当に良かったと思います。
まずは一安心ですが
もうひとつの担当例会10月に向けての議案を
出していかなければなりません……。
全く息をつく間もないよ。

例会の様子を中日新聞の知多版にも少し載せていただきました。
講師の飯嶋さんがお話されている写真が乗ってます。

この例会に携わってくれた皆さん、本当に
本当にありがとうございました。
[PR]
by orenzit | 2010-04-22 18:26

桐島、部活やめるってよ

昨日、本当に久しぶりに本屋へ行きました。
最近本屋から足が遠のいていたのですが。

で、こちらも多忙のため最近遠のいてしまっていますが、
いろいろとお世話になっている某投稿掲示板に昔投稿していた
朝井リョウ氏の本が平積みされていたので思わず購入。
小説すばる新人賞入賞作品ですよ。
「桐島、部活やめるってよ」
すごいなあ。本屋に平積みですよ。小すば新人賞作品だから
当たり前といえば当たり前なのだが。
以前、某掲示板内で作品は拝読させていただいてますが、
すごく透明感があるというか、澄んだ気持の良い文章を書かれる人だった。
真夏の三ツ矢サイダー、南アルプス天然水みたいな感じかな。
自分の書くものとは間逆な感じ。彼の文章がそんな感じだとすると、
私はなんというか出来たての生ぬるいたまり醤油一気飲み
みたいな感じだろうな。

俺本当に相変わらず何やってるんだろうな。
廻りはみんな結果を出して、頑張ってるというのにこの俺ときたら……
生きる資格が俺にはあるのか? こんな人生でいいのかオレ!
などと考えさせられる。

彼は私なぞ知らないだろうが、変な仲間意識みたいなものが動き
迷わず購入してしまいました。

みなさんも良かった読んでみて下さい。
おすすめです。
[PR]
by orenzit | 2010-04-08 15:34

心無い行為

b0104077_1221717.jpg
昨年10月に、半田青年会議所の事業で

美浜町のオレンジラインに小学生と一緒に

ミカンの木を植樹しました。

子どもたちが成長し、大人になった時、

自分たちが植えたみかんの木を見て、

その時の気持ちを次世代に受け継いで

いってもらいたい。そんな思いで

行った植樹だったのですが……



とても残念な事に

その植樹された木が根こそぎ盗まれてしまいました。
b0104077_1223967.jpg


心無い一部の人間のために、

子どもが傷つくのが残念でなりません。



不法投棄された家電だとかオレンジラインにも

まだ転がっている事があるようです。

悲しいですよね。



こんなことが二度と起こらないよう願います。
[PR]
by orenzit | 2010-04-01 12:03