日々修行、無能な僕にはそれしか生きる路は無いのだから


by orenzit
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

物との関係を見直す

昨年流行っていたらしいのですが、年末にある人から聞いて
ちょっと興味があった「断捨離」という本。
その人は「読んで損はない」だとか「あの発想は新しい」だとか「読めば考えが変わる」だとか
かなりの推薦しておったのですが、
周りでは全く話題になっていなかったので、どうかなと思いつつ。

断捨離とは
新しい発想の片付け術を書いた本です。

本屋に行った時、ワゴンセールみたいなところにわさっと置いてあったので
買ってみました。

「~を便利に使う方法」だとか「わたしの~~術」みたいな本は絶対買わないし読まない
とポリシーを貫いてきたのですが、なんで買ってしまったのでしょうか。
だって、絶対役に立たないし、今まで役に立った事無かったし。


それは置いといて、
読んでみて、「ああ確かにこの考え方は無かったわ」と思いました。
正に目からうろこ状態。

うまく説明できませんが、自分と物との関係を見直し、生活を充実させるみたいな。
片付けの方法だけでなく、仕事なんかにも十分使える考え方です。

片付けがうまい人だとか、仕事が出来る人なんかは当たり前の考え方なのかなあ。

ドライな考え方だと思うけど、物が溢れかえる現代においては必要な考え方かもしれない。

確かに、自分の回りにある物って自分自身を映し出している鏡みたいなもんだよなあ。
それが散らかっているのを見られたら、自分自身がとっ散かった人間に見られてもしょうがない
よなあ。

うん……。
[PR]
by orenzit | 2011-01-14 09:30